上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/20に、一迅社文庫アイリス様より、新刊を出させて頂いていました。
Twitterの方では告知しておりましたが、ブログの方でも載せておきますね。
サイトの方は……いずれ……。

『シルヴィアの憂愁 乙女は破談を願う』




【あらすじ】
「結婚が嫌なら大騎士会で優勝してみせろ」修道騎士の少女シルヴィアは、祖父からの手紙に絶望した。男が近づくと冷や汗が止まらなくなる、男性恐怖症になった元凶と結婚するなんて絶対イヤ!!何としてでも優勝したいが、そのためには男と協力する団体戦へ出場するしかない!?窮地に追い込まれるシルヴィア。ところが、一緒に戦うことになった第四王子レオンハルトは、なぜか近づかれても平気で…。戦う少女のラブファンタジー。

(私にしては)甘めのお話です。……私にしては。
樹要先生の表紙も挿絵も、デザインも素敵なので、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
お知らせが遅くなりましたが、書き下ろし新作を一迅社文庫アイリス様から出版させて頂きました。
初書き下ろしで、二作品目で、三冊目の本になります。

【タイトル】夏祥公国政妃伝 あけぼし光る
【イラスト】岸和田ロビン先生
 【発売日】2012/07/20
  【値段】620円(税込)


この度、当サイトで2002年から2008年に連載していた「月影に咲く華」を、一迅社文庫アイリス様から出版して頂けることになりました。
上下巻を二ヶ月連続刊行です。
イラストをひだかなみ先生に描いて頂けて、とても素敵な感じになっております。


【上巻】
サブタイトル:千年の都と夢みぬつぼみ
   発売日:2011/11/19
    値段:620円(税込)




【下巻】
サブタイトル:琥珀の民と花の咲く場所
   発売日:2011/12/17
    値段:620円(税込)



諸事情により、第1話と番外編2作を残し、『月影に咲く華』を削除致しました。
今まで読んで下さった皆様、本当にありがとうございました。
久しぶりに『混沌なき箱庭』以外のお話を書きました。
久しぶりの短編で久しぶりの一人称、楽しかったです。

某乙女ゲーをプレイ中、テンションが上がり過ぎて女性ホルモンがばんばん分泌されたような気になり、何か書かずにいられなかったので一日クオリティです……。
プレイしている乙女ゲーは全年齢対象なのに何故こうなったって感じなのですが。
あと、『男女逆じゃねーの? これ?』って感じですが、積極的な女の子が好きです。
以下、折り畳みにてややネタバレします。

TOP / NEXT
★天藍雑記  ★Author→天原ちづる

  ★Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。